前へ
次へ

会員になると

   

会員になると、次のメリットがあります。    

入会方法

   

一番のお勧め
会員の種類にはいろいろありますが、「おおぞら会員」という会員を一番にお勧めします。これは日本野鳥の会の本部会員と支部会員の両方の会員になる、というものです。入会金1000円、本部への年会費5000円、支部年会費3000円で、初年度は9000円かかります。翌年からは本部会費と支部会費合わせて年間8000円です。本部発行の「野鳥」誌(年10回発行)と愛知県支部発行の支部報「愛知の野鳥」(年12回発行)が届きます。

二番目のお勧め
次にお勧めなのが、「赤い鳥会員」です。これは愛知県支部の支部会員にのみなるというものです。入会金1000円、本部への年会費1000円、支部年会費3000円で、初年度は5000円かかります。翌年からは本部会費と支部会費合わせて年間4000円です。愛知県支部から支部報「愛知の野鳥」(年12回発行)が届きます。

申し込み方法
お勧めなのは、入会申込書による申し込みで「口座自動引き落とし」です。この方法だと入会金1000円が無料となります。
次年度からも自動で引き落としされるため、振り込みの手間がありません。
手順:
①愛知県支部に電話(052-912-9531 月・水・土)かメールで入会申込書を依頼する。(愛知県支部へのメールはこちら)
②郵送で入会申込書が届く 
③入会申込書に必要事項を記入して「日本野鳥の会 会員室」宛てで郵送する

これで申し込みは完了です。数週間後に会員証が送られてきます。

入会申込書による申し込みでも「郵便振り込み」を選択すると入会金1000円が無料になりません。
オンライン申込みでも入会金1000円は無料になりませんので注意して下さい。

下のフローチャートは入会の流れを示しています。黄色のマスがお勧めの申し込み手順です。
その他の申し込み手順は気にしなくてもかまいません。

よくある質問

   

Q:日本野鳥の会愛知県支部って、何をやってるのですか?
A:探鳥会の企画実施、愛知県や企業からの調査受託業務、野鳥保護活動の3つがメインです。詳しくはこちらをご覧ください。

Q:会員でなくても探鳥会に参加できるのに、会員になるメリットってありますか?
A:はい。会員になると探鳥会以外の様々な活動に参加することが出来ます。例えば、宿泊探鳥会写真展への出展調査・保護活動などです。

Q:探鳥会以外の活動には参加する気がないのですが、それでも会員になるメリットはありますか?
A:はい。まず鳥仲間が増えることで、楽しい人生になることは間違いありません。それに日本最大の自然保護団体の一員になることによって、バードウォッチングが個人の趣味から社会的な趣味となり、次元の異なる楽しみを味わうことになるでしょう。

Q:調査や保護活動に興味があるのですが、どうすれば参加できますか?
A:会員になると希望者は野鳥調査メーリングリストに登録します。野鳥調査メールが届きますので、都合がつくイベントに参加出来ます。

Q:どんな自然保護活動をしているのですか?
A:毎年いろいろやっています。例えば海上の森のソーラーパネル問題では愛知県に意見書を提出しましたし、大高緑地公園の恐竜パークについては地元の団体の集会に協同参加したりしています。オオタカの種の保存法指定解除問題ではパブリックコメントを作成しました。藤前干潟の保全活動としては藤前干潟協議会に毎回保護部の人が参加しています。メジロの違法飼育問題についても愛知県といろいろやりました。高浜市のコアジサシ営巣地保護活動では地元の瓦メーカーから瓦を提供してもらってシェルターを作って近所に保護呼びかけのチラシを配ったり、その他には木曽岬干拓地のチュウヒ保護を野鳥の会三重と協同したり、サギのデコイでコロニーを誘導したり、それから。。。(以下長くなるので省略)

Q:若い会員もいるのですか?
A:はい。います。若い世代は探鳥会よりも調査や保護活動に興味ある人が多いです。調査・保護活動は個人での活動はなかなか難しいですが、我々といっしょにやれば日本野鳥の会のネームバリューもあるため実行力が高まるからでしょう。

Q:会費を自腹で払ってわざわざボランティアで野鳥の保護活動をするのですか? 一体何のために?
A:野鳥は人間にとって一番身近な野生動物です。そして彼らは生態系の頂点に立つ生き物です。彼らを保護することは生態系全体を保護することになります。しかし彼らは人間の言葉をしゃべれません。誰かが彼らの立場に立って人間側に物申すことがなければこの世は人間の思うがままに開発され生態系はズタズタにされてしまいます。そんな無知な行為に待ったをかけるのが我々の役目のひとつです。お金を払うのはその活動を支えるためです。これ以上に価値のあるお金の使い道は無いと思っています。

Q:日本野鳥の会の会員にはいろいろな種類があるようですが、どの会員になれば良いでしょうか?
A:まずは支部型会員(赤い鳥会員)になってください。入会金1000円+本部年会費1000円+支部年会費3000円で、入会時の合計金額5000円です。翌年からは、本部年会費1000円+支部年会費3000円で、年間4000円となります。支部会員になっていただくと毎月、支部報「愛知の野鳥」が送られます。

Q:会員になったら保護活動とか調査とかいろいろな活動をしなければならないのでしょうか?
A:いいえ、調査活動や保護活動への参加は任意です。参加したい活動にのみ参加していただけれれば結構です。

入会者の声

   

Tさん(20代 男性)
入会して半年、色々な行事や探鳥会に参加させて頂きましたが、支部の皆様の熱心さには感心するばかりです。探鳥会では初めて鳥を観察するという方にも丁寧に教えてくれますし、色々なアドバイスをしてくれます。会員の方もそれぞれ熱い思いが胸の中にある方ばかりです。また入会間もない私のような若輩者の意見も真剣に聞き入れてくれます。野鳥に対する熱い気持ちがある方はぜひ一度お越しください!

Hさん(40代 女性)
新聞で探鳥会のことを知って、思い切って参加したら案内人の方がすごく親切に鳥のことを教えてくださいました。それでもっと野鳥のことを知りたくなって入会しました。入会して以来、いろいろな探鳥会に参加するようになり、鳥仲間も増えました。最近カメラを購入して写真のすごく上手な会員の人から撮り方を教わるようになりました。バードウィーク写真展に出品するのが目標です。

   

Nさん(20代 女性)
探鳥会に何度か参加して面白そうだと思ったので、愛知県支部に入会しました。何度か探鳥会に参加するうち、サギコロニー調査に誘われたため、参加してみました。参加する前は調査というとすごく堅苦しいイメージがあったのですが、実際に参加してみるとすごく和気合い合いとした雰囲気でやっていました。調査前のサギ識別勉強会もすごく役に立ちました。来年のサギコロニー調査が待ち遠しいです。鳥仲間も増えて休日が充実しています。入会して本当によかったと思っています。



Sさん(30代 男性)
それまではずっと一人で野鳥の観察をしたり写真を撮ったりしていたのですが、たまたま参加した支部の探鳥会で案内人の人から「宿泊探鳥会」という泊りがけで行く探鳥会があることを教えてもらいました。会員になれば格安で参加できるとのことなのでその機会に支部会員になりました。宿泊探鳥会では世の中にはこんなに楽しいことがあるのか、と思うほどの忘れられない2日間を過ごすことができました。会員仲間の横のつながりも出来ていろいろな鳥情報が入ってくるようになり、写真を撮った鳥リストの数が一気に増えましたね。


Mさん (20代 女性)
大学の先輩に誘われて入会しました。探鳥会は怖い顔のおじ(い)さんばかりかと思っていたら小学生も参加していてちょっと意外でした。これからは探鳥会だけでなく調査にも参加してみたいです。卒論は野鳥をテーマにするつもりです。

[前のページへ戻る] [ホームへ戻る]
ページのトップへ戻る